セミナー

事前申し込み等は必要ございません。
変更が生じた際には、こちらのページにてお知らせします。

2018年度

(2018.7.17更新)

日時 報告者 論題 会場
6月27日(水)
15:00-16:30
六甲フォーラム、RIEBセミナー、神戸大学社会システムイノベーションセンター共催
森本 敦志 氏
(神戸大学大学院経済学研究科 研究員)
「匿名データ加工用のStataプログラムについて」 経済学研究科中会議室
(第三学舎一階西側)
10月9日(火)
16:00-17:30
六甲フォーラム、RIEBセミナー、神戸大学社会システムイノベーションセンター共催
伊藤 伸介 氏
(中央大学経済学部 教授)
※大雨の影響により、7月6日(金)に開催中止となったセミナーの振り替えです。
「事業所・企業系のミクロデータを用いたデータリンケージの可能性-賃金構造基本統計調査を例に-」 経済学研究科中会議室
(第三学舎一階西側)
12月1日(土)
9:30-11:00
六甲フォーラム、RIEBセミナー、神戸大学社会システムイノベーションセンター共催
佐藤 朋彦 氏
(神戸大学経済経営研究所客員教授・総務省統計研究研修所次長)
「ミクロデータ分析を始める前に」 本館230教室
1月26日(土)
13:00-16:30
神戸大学大学院経済学研究科・経済経営研究所、一橋大学経済研究所・社会科学統計情報研究センター 主催

KUMiCミクロデータ利用促進ワークショップ-公的統計のミクロデータを用いた研究と二次的利用の概要-
【第1部】 匿名データを用いた研究報告
・三ツ川 静海 氏(同志社大学大学院経済学研究科 博士前期課程修了)
「異なる家族形態における消費税負担率」

・李 慧慧 氏(神戸大学大学院経済学研究科 博士後期課程)
"Intra-family Time Allocation to Housework and Childcare"

・田宮 遊子 氏(神戸学院大学経済学部 准教授)
「母子世帯の就労貧困:就業構造基本調査の匿名データを用いた貧困率の推計」


【第2部】 ミクロデータの利用拡大に向けた取り組み
・ 総務省統計局・(独)統計センターによる報告
・サテライト機関(一橋大学・神戸大学)による報告
経済学研究科大会議室
(本館二階)
詳細はこちら



過去の開催状況


匿名データ利用に関する研究会

問い合わせ先

セミナーに関するご質問等は下記までお問い合わせください。

神戸大学大学院経済学研究科研究助成室 KUMiC担当
TEL:078-803-6854
Email:satellite@econ.kobe-u.ac.jp("@"を半角に修正してください)
受付時間:月~金 10:00~17:00(12:00~13:00を除く)