お知らせ

お知らせ

HOME > 新着情報一覧 > お知らせ

「WEST論文研究発表会2019」において、神戸大学経済学部の勇上ゼミの2チーム(代表者:山本幹太、平井優芽)が「優秀論文賞」と「分科会賞」をそれぞれ受賞しました。

2019年11月30日から12月1日にわたり、同志社大学で開催されたWEST論文発表会において、経済学部勇上和史ゼミナールの山本班(片桐貴匡、神谷せな、下川歩、鈴木万里、原田真有、山本幹太)が「優秀論文賞」を、平井班(奥田亘、竹田健人、橋本和花子、平井優芽、村田恵理)が「分科会賞」をそれぞれ受賞しました。山本班の論文「中学校教育のこれから−教師が学び続けられる社会を目指して」では、国際比較データを用いた実証分析に基づいて、中学校教師の能力開発施策について新たな提言を行いました。平井班の論文「母子世帯の就業支援−貧困の解消に向けて」では、母子世帯の母親の賃金構造の分析を踏まえて、母子世帯への就業支援策について具体的な政策提言を行いました。

 


 

PAGE TOP ↑