お知らせ

お知らせ

HOME > 新着情報一覧 > お知らせ

12月4日(月)に経済学研究科とシステム情報学研究科との合同シンポジウム「人工知能と社会科学の邂逅:新たな地平線を目指して」を開催しました。

神戸大学では、先端融合研究環を中心に文理融合研究を推進しています。その一環として、12月4日に、経済学研究科とシステム情報学研究科の合同シンポジウム「人工知能と社会科学の邂逅︓新たな地平線を目指して」を開催しました。
本シンポジウムの第1部では、和泉潔教授(東京大学大学院工学系研究科)に基調講演「機械に経済価値が理解できるのか? 金融市場における人工知能技術の現状と課題」を行って頂きました。和泉教授のご講演では、最新の人工知能技術を金融市場の分析に応用した事例をご紹介いただきました。特に、注文情報や経済ニュース等の大量データを自動的に分析するデータマイニングで、どのような種類のデータをどのように処理しているかについて、幾つかの研究事例をもとに解説をして頂き、さらに、市場制度のテストを人工市場シミュレーションで事前評価した事例をご紹介いただきました。最後に、まとめとして、人工知能技術を用いる可能性と限界について、議論をして頂きました。
第2部では、経済学研究科とシステム情報学研究科先生方にも研究内容のご紹介をいただき、現在、注目を集めている人工知能技術の社会科学への応用について、様々な事例についてご紹介をいただきました。具体的には、以下の通りです。

・「社会科学分野における音・画像処理技術の新展開を目指して」
 滝口哲也 神戸大学システム情報学研究科 / 都市安全研究センター 教授

・「Order Flows, Fundamentals and Exchange Rates」
 岩壷健太郎 神戸大学大学院経済学研究科 教授

・「時系列金融ネットワークの予測モデル:深層学習とベイズ学習からのアプローチ」
 江口浩二 神戸大学大学院システム情報学研究科 准教授

・「スマートメーターかメッセージのどちらが電力消費削減行動を駆り立てるか︖」
 岡島成治 神戸大学大学院経済学研究科 准教授

シンポジウム会場には内外から多数の来場者がお越しになり、和泉教授をはじめとする各講演者のご講演に対しては会場参加者による活発な質疑応答がなされました。本日のシンポジウム参加者からは、文理融合研究、特に、情報技術の社会科学への応用に関する熱い期待が数多く寄せられました。

 

 

 

PAGE TOP ↑