お知らせ

お知らせ

HOME > 新着情報一覧 > お知らせ

「Professor Cheng Hsiao Memorial Lecture: GMAP Kick–off Lecture」を開催しました。

 神戸大学経済学研究科では、グローバル化を推進するためにGMAPコースを新たに創設することとなりました。このコースの新設を記念し、パネルデータ分析及びミクロ計量経済分析の世界的権威である、Cheng Hsiao教授(南カリフォルニア大学)をお迎えして、以下の通りの特別講義を実施しました。

3月16日(月)
10:30-11:50 "Panel Data Analysis: Advantages and Challenges"
13:30 –14:50 "Dynamic Panel Data Models"
3月17日(火)
10:30-11:50 "Qualitative Choice and Sample Selection Models"

 Cheng Hsiao教授は、1972年にStanford UniversityでPhDを取得されてから、一貫して、パネルデータ及びミクロ計量経済学の分野における研究に従事され、この分野の先駆者として数多くの世界的な研究業績を残してこられました。当時はマイナーな研究分野であったパネルデータ分析及びミクロ計量経済学の分野は、Hsiao教授の貢献もあり、現在では、計量経済学の一大研究分野となっています。

 神戸大学では、特別講義以外に、昼食会の等の場で経済学研究科の多数の教員と積極的に意見交換をされ、また、若手教員・大学院生を対象としたセミナーでは各研究者に対して精力的に熱心なアドバイスを与えていただきました。さらに、福田秀樹学長及び武田廣次期学長にも表敬訪問をされました。

 世界のトップレベルの研究者に身近に触れる機会を持つことができたこの2日間は、経済学研究科にとって非常に実りの多いものとなりました。

     

     

PAGE TOP ↑