神大経済について

国際交流

HOME > 神大経済について > 経済学部のご案内 > 国際交流

神戸から世界へ、世界から神戸へ

国境をこえて経済学を

経済のグローバル化・国際化の進展の中で、アジア諸国をはじめとする多くの学生が母国を離れて、欧米や日本の大学で経済学を学んでいます。神戸大学にも多くの外国人留学生が学部、大学院に在籍しています。また、神戸大学からも毎年、交換留学制度などを利用して海外の大学で学ぶ学生も増えています。

外国人留学生の受け入れ

神戸大学経済学部では、中国や東南アジア諸国、欧米各国からの多くの留学生が学んでいます。留学生には日本語科目をはじめ特別科目を用意しており、できるだけ実りの多い留学生活を送ってもらえるように努めています。これらの留学生と日常的に接することによって、国際交流の基本である相手の文化や考え方を尊重する態度が養われていくでしょう。

外務省との人事交流

神戸大学経済学部では、外務省との人事交流を実施してきました。中国経済を研究している加藤弘之教授は2006年度に、北京大使館公使の任につき、文化交流を担当しました。西洋経済史を研究している奥西孝至教授は、2007年度にベルギー大使館に参事官として赴任され、ベルギーの内政・経済に関する調査分析に従事されました。2006 年度と2007年度には外務省から、渡部和男氏が教授として来られ、外交官としての貴重な経験を活かして、国際政治経済論を講義されました。

交換留学

神戸大学ではピッツバーグ大学(アメリカ)、クイーンズランド大学(オーストラリア)などとの大学間協定が、また経済学研究科では、ダブリン・シティ大学(アイルランド)、オーフス大学(デンマーク)、ベルリン経済法科大学(ドイツ)、ルーヴェン大学(ベルギー)などとの学部間協定が結ばれており、研究・学習上の国際交流が図られています。本学部生がこれらの大学で取得した単位は、一定の範囲内で卒業に必要な単位として認められています。神戸大学からの交換留学についての詳細は、こちらをご覧ください。また、経済学部・経済学研究科の部局間協定校一覧については、こちらをご覧ください。

PAGE TOP ↑