神大経済について

カリキュラム・ポリシー

HOME > 神大経済について > 経済学部のご案内 > カリキュラム・ポリシー

経済学部 教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 神戸大学のカリキュラム・ポリシーに基づき、経済学部は以下の方針に則りカリキュラムを編成する。

    • 1.「人間性」「創造性」「国際性」を学生に身につけさせるため、すべての学生が履修する共通の科目として、基礎教養科目、総合教養科目、高度教養科目、外国語科目、初年次セミナー、キャリア科目、情報科目、健康・スポーツ科学及びその他必要と認める科目を開設する。
    • 2.深い学識を涵養し、「専門性」を学生に身につけさせるため、以下の専門科目を開設する。(共通専門基礎科目及び学部が開設する高度教養科目を含む)
      • • 経済学の「専門性」を体系的に身につけるために、基礎的な専門的知識・能力の習得をめざす1年生向け基礎演習、初級経済学、経済史、統計学、経済倫理と思想等の必須科目を履修した上で、高度な知識・能力をめざす専門科目、上級科目を履修する段階的カリキュラムとする。 
      • • 論理的・数理的に思考する能力を身につけるために中級ミクロ経済学、中級マクロ経済学、経済数学等の基礎理論系科目および計量経済学、経済統計学等の数量分析系科目を開設する。 
      • • 社会において生じている事象を的確に分析し、その事象を解明できる能力を身につけるために金融論、公共経済学、国際経済学、経済政策基礎論、日本経済論等の応用系分野別科目を開設する。
      •  • 分析、解明したことを総合し、的確に表現できる能力を身につけるために研究指導等を開設する。

     なお、これらの科目は、講義・演習・研究指導等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。
      学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

     

    ◆経済学部のカリキュラムマップ

    ◆<参考>令和3年度・令和4年度 開講予定の講義科目 

    PAGE TOP ↑