神大経済について

研究科長からのメッセージ

HOME > 神大経済について > 研究科長からのメッセージ

広く社会に貢献し、世界で活躍できる人材の育成を目指します。

神戸大学経済学部は、1902年(明治35年)に設置された官立神戸高等商業学校を起源に、110年を超える歴史を持つ経済学の高等教育機関で、多くの有為な人材を実業界や官界、政界に輩出してきました。1953年(昭和28年)には大学院経済学研究科が設置され、研究者養成機関として学界で活躍する多くの研究者を育成してきました。
神戸大学経済学部・経済学研究科は、皆さんに次のような特徴を持つ優れた学習・研究環境を提供できると確信しています。

第一は、約50名という数多くのスタッフが、経済学のきわめて幅広い分野にわたって、研究・教育を行っていることです。専門分野は理論、歴史、計量、政策、技術・環境、金融・財政、国際経済、比較経済と経済学の全ての分野をカバーしていますが、国際都市神戸という環境を受け、国際経済や各国経済を専門とするスタッフは特に充実しています。
経済経営研究所や国際協力研究科のスタッフを合わせると、アジアからアフリカまで世界の殆どの地域研究をカバーしています。また、EUIJ(EU インスティテュート)関西の幹事校として、EU教育・研究の中心的な役割も果たしています。さらに、地球環境等の今日的な問題についての教育・研究にも早くから取り組み、ごみじゃぱんやESD(持続可能な開発のための教育)コースなどの成果を上げてきました。

第二は、伝統を維持しながらも、社会の新しいニーズに対応したプログラムを提供してきていることです。大学教育のグローバル化が強く求められている中、国際性と専門性を身につけた人材の育成を目的として、2013年に5 年一貫経済学国際教育プログラム(IFEEK)、2014年にEUエキスパート人材養成プログラム、2015年にグローバルマスタープログラム(GMAP)という教育プログラムをスタートさせました。また、法学部と協力した法経連携専門教育プログラムを2010年に開始しています。大学院では、研究者養成を目的とする本科コースに加え、高度専門職業人の育成というニーズに対応して専修コースと社会人コースを設け、計量経済学のスキルを集中的に学ぶスキルアップ・プログラムや、地方財政や福祉といった重要な課題を扱うリカレント教育プログラムを提供しています。

第三は、伝統的に実学と少人数教育を重視していることです。学部では3・4年時に開講される1クラス10名弱のゼミ(研究指導)を教育の中心に置いています。専門分野を徹底して研究するだけでなく、教員や他のゼミ生との密接なつながりを通じた人間形成の場ともなっています。大学院においても、ゼミでの教員による論文作成指導を通じて、自立した研究能力を持つ専門家を養成します。また在学中から社会の動きに関心を向けてもらう目的で、民間企業、官公庁、シンクタンク、NPO 活動家などを講師にした社会人特別講義も毎期開講しています。

第四は、経済学部、法学部、経営学部といった社会科学系の学部・大学院の卒業生・修了生によって組織されるOB会である「凌霜会」のネットワークを、学部・大学院の在学中から準会員として利用できることです。皆さんは、100年を超える伝統の重みをひしひしと感じることでしょう。

是非、神戸大学経済学部の門戸をたたいて下さい。

経済学部長・経済学研究科長 中村 保

PAGE TOP ↑