教員紹介

鈴木 純

HOME > 教員紹介 > 講座別一覧 > 理論分析 > 鈴木 純

鈴木 純 SUZUKI Jun 准教授

E-mail

Office hours

Eメールでアポイントメントを取ってください。

URL

http://www2.kobe-u.ac.jp/~suzuj/

研究テーマ

    経済体制の多様性をどのように捉えることができるかという関心をもって、次の2つの方向から研究しています。
    (1) 経済体制論の方法論的・理論的研究。とくに、社会における非営利な経済活動の位置づけと機能について、および福祉国家体制の転換について。
    (2) 経済組織の多様性に関する研究。とくに、社会関係と非営利組織との結びつきについて。

講義・ゼミの内容

【学部講義】
「経済体制論」
経済の変化や、差異、多様性について考えるとき、社会全体の中で、あるいは私たちの生活全体の中で「経済」をどのようなものとして捉えるかという「見方」が必要です。この授業では、この見方(=認識の枠組み)に着目しながら、経済社会の変容と経済システムに関する諸理論の展開について講義します。経済社会の変化と多様性を捉える枠組みについて基礎的な理解を得ることによって、経済システムの現代的課題を整理し、個別の経済問題・政策課題を経済システム全体の視点から位置づける見方を習得することを目標とします。
キーワード:〔経済秩序 / 市場経済 / 計画経済 / 福祉国家 / 福祉社会 / 非営利経済〕

「中級ミクロ経済学1・2」
ミクロ経済学の基礎を講義します。ミクロ経済学は、個人や企業がどのように行動するのか、それらがどのような相互作用を生むのかを研究する分野であり、経済学部の多くの専門科目を理解するための基礎でもあります。この講義は、ミクロ経済学の基礎理論を体系的に理解し、経済体制の仕組みや、さまざまな経済政策について考えるための準備を整えることを目標とします。
キーワード:〔市場 / 消費者行動 / 生産者行動 / 不完全競争 / 市場の失敗〕


【大学院講義】 
「経済体制論」
経済体制の二元的把握を乗り越えることを問題として設定し、これに関連する諸理論・思想の展開をたどりながら、経済体制の多様性について、おもに方法論的な観点から検討します。

「現代経済学(福祉国家の転換と経済政策)」
福祉国家の生成・限界・転換を見ることから、経済体制の多様性と経済政策を体系的に捉える視点を獲得することを目標として講義します。


【学部ゼミ】
少子高齢化・非営利経済・福祉国家・社会保障・経済政策論などからいくつかのトピックを選んで、研究報告と討論を行います。ともに議論することから新たな知見を得る、というプロセスに重きを置いて進めます。個人研究・グループ研究・他大学との対抗ゼミを通じて、研究テーマの設定や研究の進め方、プレゼンテーションの方法を身につけることを目標としています。


【大学院ゼミ】
以下のテーマを中心的な研究対象として、修士論文・博士論文の作成を進めます。
・経済体制論(福祉国家論を含む)に関する理論的・学説史的研究
・非営利経済部門(組織), サード・セクターに関する理論的・実証的研究


メッセージ

「教えられる」から「学び取る・考える」へと転換できるような講義・ゼミをめざしています。


主要業績
  1. 1. 『経済システムの多元性と組織』, 勁草書房, 2014.

  2. 2. 「非営利経済部門における組織原理の多様性と関係財」, 経済社会学会年報, 31, 2009.

  3. 3. 「社会的経済と協同組合 -市場経済システムにおける協同組合のviability-」, 社会・経済システム, 20, 2001.

神戸大学研究者紹介システム

全学データベースへのリンク

PAGE TOP ↑