教員紹介

宮川 栄一

HOME > 教員紹介 > 講座別一覧 > 理論分析 > 宮川 栄一

宮川 栄一 Eiichi Miyagawa 教授

宮川 栄一

E-mail

Office hours

メールでの予約をお願いします。

URL

http://www2.kobe-u.ac.jp/~emiya437/index_j.html

研究テーマ

ゲーム理論を使った理論的な研究を行っています。ゲーム理論とは,複数の人々がそれぞれ意志決定を行う状況を数式モデルを使って分析するための理論です。タイミングや情報などのモデルの細部は自由に作れるため,経済・社会の様々な状況を数学を使って理論的に考えることが可能になります。

 

講義・ゼミの内容

【学部講義】
「ゲーム理論」
ゲーム理論の定義や解き方を解説します。囚人のジレンマのような単純なゲームから始めて,時間の流れや私的情報などを導入していきます。

 

【大学院講義】
「ミクロ経済学1A」「ミクロ経済学1B」
大学院初級・学部上級レベルのミクロ経済学を解説します。消費者理論ではラグランジュ乗数法も詳しく解説します。多数の演習問題を解かされる面倒な授業です。

 

【学部ゼミ】
ゲーム理論の入門書を読んで,ゲーム・モデルを作って分析してみて,先生やゼミ生と議論します。3年生はチームに分かれて三商大ゼミなどに参加します。

     

 

【大学院ゼミ】
ゲーム理論や行動経済学関係の理論的研究を行います。最初は演習問題をたくさん解かされます。その後は興味のある既存研究や自分の研究を報告して,先生やゼミ生と議論します。

     

 

主要業績
  1. 1. "Decentralized Matching: The Role of Commitment"
    Effrosyni Diamantoudi, Eiichi Miyagawa, and Licun Xue
    Games and Economic Behavior, Volume 92, 2015, Pages 1--17.

  2. 2. "The Folk Theorem for Repeated Games with Observation Costs"
    Eiichi Miyagawa, Yasuyuki Miyahara, and Tadashi Sekiguchi
    Journal of Economic Theory, Volume 139, Number 1, 2008, Pages 192--221.

  3. 3. "Nonlinear Pricing with Self-Control Preferences"
    Susanna Esteban, Eiichi Miyagawa, and Matthew Shum
    Journal of Economic Theory, Volume 135, Number 1, 2007, Pages 306--336.

神戸大学研究者紹介システム

全学データベースへのリンク

PAGE TOP ↑