教員紹介

小林 照義

HOME > 教員紹介 > 講座別一覧 > 理論分析 > 小林 照義

小林 照義 KOBAYASHI Teruyoshi 准教授

E-mail

Office hours

予めメールにてアポイントメントを取ってください。

URL

https://terukobayashi.wordpress.com/

研究テーマ

金融政策・ネットワーク科学

研究テーマは大きく分けて2つです。一つは数理的なマクロ経済モデルを用いた金融政策の分析です。マクロ経済を「家計」、「企業」及び「中央銀行」のようにミクロの経済主体を大きく大別し、それぞれの最適化行動の積み上げから均衡を求めることで経済全体の振る舞いを調べます。このようなアプローチを取ることで、マクロの観点からだけでなくミクロの経済主体にとっても望ましい最適な金融政策の導出が可能になります。
もう一つはネットワーク科学です。ネットワーク科学は自然現象・社会経済現象の背後にある様々なつながりの構造を明らかにすることで、現象のメカニズム解明を目指します。経済現象では、銀行間の資金のやりとりによって形成される金融ネットワークが代表的な研究対象です。例えば、一見してあまり重要ではなさそうな小規模銀行が破綻した場合でも、金融ネットワークを通じて金融システム全体に破綻の連鎖が広がる場合があります。これは個別の金融機関を観察していても分からない事象で、近年急速に発展してきた研究分野でもあります。

 

講義・ゼミの内容

【学部講義】
「マクロ経済学の潮流」
この講義は隔年で開講され、「中級マクロ経済学」ではカバーしきれないマクロ経済学の様々な分野について学びます。2019年度は、金融政策について基礎から最新の研究内容までを学ぶ予定です。

 

【大学院講義】
なし

 

【学部ゼミ】
テーマはゼミ生の志望を聞きながら決めますが、3年次は基本的には基本的にプログラミングの基礎を身につけつつ、ネットワーク科学やデータ分析に関するテキストを輪読していきます。4年次は卒論のテーマを決定し、分析を進めつつ中間報告を繰り返しながら質を高めていきます。卒論研究では、各自がそれぞれ関心のあるデータを分析することで、これまで知られていなかった事実・現象を明らかにしていきます。経済データに限らず、広い意味でデータ科学に興味のある学生が対象です。数学・統計学の基本的な知識は必要です。データ分析以外にも、マクロ金融政策の研究に関心がある学生も歓迎です。

 

【大学院ゼミ】
修士課程では、プログラミングの基礎を身につけた上でネットワーク科学の基礎を学びます。経済データに限らず、広い意味でデータ分析に興味のある学生が対象です。修士および博士論文では、各自のテーマ・問題意識に沿って科学的に厳密な手続きで分析を行い、論文を仕上げることを目的とします。特に博士論文では、問題設定・分析の方法や視点に独創性が要求されます。博士論文の一部は、海外査読誌に掲載されることを目標とします。

 

メッセージ

大学は、何となく社会の仕組みや制度に詳しくなるだけでなく、本質的な理解を深めるところです。数理モデルを扱うことができるようになることは、経済メカニズムの本質的な解明に一歩近づくことでもあります。大学(院)生として、ぜひ本質に迫るための努力をしてほしいと思います。

 

主要業績

上記URLを参照ください。

神戸大学研究者紹介システム

全学データベースへのリンク

PAGE TOP ↑