教員紹介

大塚 啓二郎

HOME > 教員紹介 > 講座外教員 > 大塚 啓二郎

大塚 啓二郎 OTSUKA Keijiro 特命教授

E-mail

Office hours

予めメールにてアポイントを取ってください。

URL

www.econ.kobe-u.ac.jp/faculty/fields/projectprof/HP-Otsuka.pdf

researchmap

https://researchmap.jp/read0124148

Short bio

Keijiro OTSUKA (E-mail: otsuka@econ.kobe-u.ac.jp)
Keijiro Otsuka is a professor of Development Economics at the Graduate School of Economics, Kobe University, and a chief senior researcher at the Institute of Developing Economies in Tokyo. He received a Ph.D. in economics from the University of Chicago in 1979. Prior to joining the Kobe University, he was a Professor at the National Graduate Institute for Policy Studies from 2001 to 2016. Formerly, he was a Chairman of the Board of Trustees of International Rice Research Institute from 2004 to 2007, and President of the International Association of Agricultural Economists (IAAE) from 2009 to 2012. He is an honorary life member of IAAE, a fellow of Agricultural and Applied Economics Association, and a distinguished fellow of African Association of Agricultural Economists.

 

研究テーマ

アジアとアフリカにおける農業と工業の発展戦略について、現地調査を行いながら研究を行ってきた。農業については、稲作におけるアジアでの「緑の革命」の成功をアフリカへ移転する可能性と、高付加価値農業への転換における「契約栽培」の役割について解明しつつある。工業の発展については、地場産業の発展に対する産業集積と海外直接投資の役割について研究を進めている。

メッセージ

実証研究で重要なことは、(1)ミクロ経済学の知識、(2)計量経済学の知識、(3)実態認識である。学生や院生は、(1)と(2)の取得について最大限の努力をして欲しい。  

 

主要業績

    論文

    『中国のミクロ経済改革:企業と市場の数量分析』(劉徳強・村上直樹氏と共著)
     日本経済新聞出版社 1995年
    『産業発展のルーツと戦略:日中台の経験に学ぶ』(園部哲史氏と共著)
     知泉書館 2004年
    『なぜ貧しい国はなくならないのか』(第2版)
     日本経済新聞出版社 2020年

    表彰

    2010年 紫綬褒章
    2018年 第14回国際協力機構(JICA) 理事長賞
    2018年 日本学士院会員に選出

    アフリカ稲作振興のための共同体(Coalition for African Rice Development:CARD)」及びアフリカにおけるカイゼンの推進に関し、実証研究や講義を行う

 

神戸大学研究者紹介システム

全学データベースへのリンク

PAGE TOP ↑