教員紹介

大塚 啓二郎

HOME > 教員紹介 > 特命・特任教員 > 大塚 啓二郎

大塚 啓二郎 OTSUKA Keijiro 特命教授

E-mail

Office hours

予めメールにてアポイントを取ってください。

研究テーマ

現地調査を行いながら、アジアとアフリカで農業と製造業の発展のメカニズムについて研究してきた。具体的には、農地制度、緑の革命、契約栽培、産業集積の発展について実証研究を行ってきた。
今後は、こうしたテーマの研究も続けながら、経済発展における技術移転の役割について研究したいと考えている。

講義・ゼミの内容

【大学院講義】
・授業のテーマ
 応用経済学分野で英語のジャーナル論文が書けるようなスキルを身につけることを目指す。

・授業の到達目標
 参加者の一人でも多くが国際雑誌に論文を掲載すること

 

【大学院ゼミ】
単位を取得するためには、出席者は英語で論文を報告しなければならない。
基礎的な学力のない参加者には報告を遠慮してもらうことがある。
論文は報告の1週間前には提出する。
論文は担当教員が添削し、内容のコメントも行う。

メッセージ

経済学が現実を理解するためにいかに役に立つかを、若い学生や院生に伝えたい。

主要業績

    “Induced Bias of Technical Change in Agriculture: The United States and Japan, 1880-1980.” Journal of Political Economy 94(3), June 1986, pp. 523-44 (with Toshihiko Kawagoe and Yujiro Hayami).

    “Land and Labor Contracts in Agrarian Economies: Theories and Facts.” Journal of Economic Literature 30(4), December 1992, pp. 1965-2018 (with Hiroyuki Chuma and Yujiro Hayami).

    “Population, Land Tenure, and Natural Resource Management: The Case of Customary Land Areas in Malawi.” Journal of Environmental Economics and Management 41(1), January 2001, pp. 13-32 (with Frank Place).

    “Food Insecurity, Income Inequality, and the Changing Comparative Advantage in World Agriculture.” Agricultural Economics, November 2013, 44(S1): 7-18.

    State Building and Development, London, UK: Routledge, 2014 (edited with Takashi Shiraishi).

    Cluster-based Industrial Developments: Kaizen Management for MSE Growth in Developing Countries, Hampshire, UK: Palgrave Macmillan, 2014 (coauthored with Tetsushi Sonobe).

    Moving out of Poverty: An Inquiry into Inclusive Growth in Asia, London, UK: Routledge, 2015 (coauthored with Jonna P. Estudillo).

    In Pursuit of an African Green Revolution: Views from Rice and Maize Farmers’ Fields. Dordrecht, Netherlands: Springer, 2016 (edited with Donald F. Larson).

神戸大学研究者紹介システム

全学データベースへのリンク

PAGE TOP ↑