教員紹介

北村 友宏

HOME > 教員紹介 > 講座外教員 > 北村 友宏

北村 友宏 KITAMURA Tomohiro講師

E-mail

Office hours

予めメールにてアポイントメントを取ってください。

URL

http://tomkitamura.html.xdomain.jp/

研究テーマ

私は公益事業の効率性や生産性について、事業者別統計データを用い、計量経済学的手法による実証研究を行っています。大学院在学中より日本の鉄道事業を対象とした分析を行っており、例えば、通勤・通学客を中心に輸送する事業者とそれ以外の利用者を中心に輸送する事業者ではどちらが効率的か、線路の改良をすると事業者の生産性は何年間でどの程度変化するか、などを明らかにするための実証研究を行ってきました。最近は他大学の研究者との共同研究として、日本の下水道事業の事業者合併をすると事業者の効率性・生産性がどの程度向上するか、などについて実証研究を行っています。



The 7th Asian Seminar in Regional Scienceでの研究報告
(2017年9月、National Taiwan Universityにて)

講義の内容 

【学部講義】
「ミクロデータ分析Ⅰ・Ⅱ」
個人ごと、家計ごと、あるいは企業ごとに観測されたデータをミクロデータといいます。この授業ではコンピューターを用いた実習を中心に行います。担当教員が指示を出し、受講者の皆さんにはミクロデータを官庁ホームページからダウンロードするところから、その加工・整理、統計解析ソフトでの読み込み、そして計量経済学的分析を実行するまでの作業を行ってもらいます。また、授業では分析手法の簡単な説明や計量分析例の解説も行います。これらにより、卒業論文のテーマ探しや執筆のための分析に有用な授業を目指しています。ほぼ毎回、宿題を課して授業内容の再確認をしてもらい、定着を図ります。


ミクロデータ分析Ⅰの講義(2018年度前期)

「中級ミクロ経済学Ⅰ・Ⅱ(再履修)」
必修科目「中級ミクロ経済学Ⅰ・Ⅱ」の再履修者を対象とした授業です。復習講義と例題の解説をした後、受講者の皆さんにはその日の授業に関連する問題を解いて答案を提出してもらう、という流れで毎回の授業を進めています。


中級ミクロ経済学Ⅰの講義(2018年度第1クォーター)

「統計学演習」
必修科目「統計学」に関連する問題演習を行う授業です。単に、受講者の皆さんに問題を解いてもらうだけでなく、毎回必ず、担当教員が統計学の復習講義を行っています。また、問題演習の後には担当教員がその日の問題の解法を解説しています。


統計学演習の講義(2018年度第2クォーター)

「経済学A(全学共通授業科目)」
消費者や企業の活動、市場の機能およびその限界について、入門レベルのミクロ経済学の内容を解説します。授業では解説講義を行うだけでなく、毎回、授業内の提出課題として、その日の授業の内容に沿った説明問題を課し、内容の定着を図ります。


経済学Aの講義(2018年度第2クォーター)

【大学院講義】
「ミクロデータ分析」
学部科目「ミクロデータ分析Ⅰ・Ⅱ」と同様に、ミクロデータの入手・加工・整理、統計解析ソフトでの読み込み、計量経済学的分析といったコンピューター実習を中心に行います。また、授業では分析手法の説明も行い、学部科目に比べ詳細な解説を行います。

【学部ゼミ】
開講していない

【大学院ゼミ】
開講していない

メッセージ

ゼミは開講しませんが、公益事業の効率性・生産性の分析はもちろん、ミクロデータを用いた計量経済学的手法での実証研究の相談には応じます。これらの研究について相談したいことがあれば、メールでアポイントメントを取り、私の研究室にお越しください。

主要業績

Kitamura, T. (2017), "Empirical Studies on Efficiency, Returns to Density, and Productivity of Railroad Companies in Japan," Doctoral Thesis, Graduate School of Economics, Kobe University.
Kitamura, T. (2018), "Long-run Impact of Track Improvements on Railroad Productivity," Discussion Papers 1825, Graduate School of Economics, Kobe University.
Kitamura, T. (2018), "Effect of Passengers' Types on Railroad Efficiency: Distance Function Approach," International Public Economy Studies(『国際公共経済研究』) 29, 97-105.

神戸大学研究者紹介システム

全学データベースへのリンク

PAGE TOP ↑