教員紹介

重富 公生

HOME > 教員紹介 > 講座別一覧 > 歴史分析 > 重富 公生

重富 公生 SHIGETOMI Kimio 教授

重富 公生

E-mail

Office hours

予めメールにてアポイントメントを取ってください。

研究テーマ

近現代の西洋経済史を研究対象としていますが、とくに関心をもっているのは、19世紀を中心とするイギリスの経済史です。歴史の授業でも必ず取り上げられる産業革命は、経済史の分野でも、古くて新しい、いつの時代でも重要なテーマです(現代でも「第四次産業革命」の時代などと言われたりしています)。当時の経済成長の指標となるような数値データの集計もだいぶ積み重ねられていますが、私の興味は、必ずしも量的なデータに還元できないような社会経済の変化や特性を多面的に浮き彫りにすることにあります。

講義・ゼミの内容

【学部講義】
「近現代西洋経済史」
18世紀頃から20世紀半ばにいたる欧米の経済史を扱います。対象となる地域や時期はきわめて多岐にわたりますので、広くかつ深く講義するのはなかなか難しいですが、なるべく要点を絞ってお話しします。「産業革命」に始まる急速な工業化の進展と広域的な流通ネットワークの形成を軸に、欧米以外の国々や地域との関係をも視野に入れながら、できるかぎり多面的に理解していただけるような展開を考えています。

 

【大学院講義】
「経済史(産業革命と世界経済)」
世界経済の歴史において、近代イギリスに始まったとされる急速な工業化(=「産業革命」)の役割をどう評定するかは、けっしてただ一つの解には結実しない大きな問題です。この授業では、最近の研究成果にも言及しながら、イギリスの産業革命とそれが世界規模で増幅する過程をできるかぎり多面的に解説することにより、その歴史的かつ今日的意義についてあらためて考えていただくヒントを提供していきたいと思っています。

 

【学部ゼミ】
経済学の対象となりうるさまざまなトピックスのなかから、各自の関心のあるものに焦点をあて、それをテーマとして、歴史的・世界的視野をも重視しながら卒業論文を作成していただくことを目標とします。

 

【大学院ゼミ】
西洋経済史およびその関連分野についての修士論文を作成していただくことを目標とし、そのための指導を行ないます。

 

主要業績
  1. 1. 『イギリス議会エンクロージャー研究』(勁草書房、1999年)

  2. 2. 「19世紀なかばイギリスの商品世界-1851年ロンドン万国博展示品を中心に-」『ヴィクトリア朝文化研究』第1号(2003年)、5-23頁

  3. 3. 「18世紀末イギリス地方社会の職業構成-バッキンガムシャー民兵隊徴募基本台帳の分析-」『国民経済雑誌』第189巻第1号(2004年)、59-74頁

  4. 4. 「19世紀半ばイギリス産業の自己認識-1851年ロンドン万国博余剰金の使途をめぐって-」『国民経済雑誌』第195号第3巻(2007年)、49-63頁

神戸大学研究者紹介システム

全学データベースへのリンク

PAGE TOP ↑