教員紹介

玉岡 雅之

HOME > 教員紹介 > 講座別一覧 > 金融・公共政策 > 玉岡 雅之

玉岡 雅之 TAMAOKA Masayuki 教授

E-mail

下記URLの問い合わせ欄からお問合せください。

URL

http://pf.econ.kobe-u.ac.jp/

Office hour

URLの問い合わせ欄よりアポイントメントを取ってください。

研究テーマ

私の研究テーマは多岐に渡ります。一番長い研究歴をもっているのは,日本では消費税と呼ばれる付加価値税という税についてのものです。付加価値税の経済効果の他に,付加価値税制を運営していくときの税務行政や納税協力などの実施面,さらにはインボイス制度なども研究しています。最近では租税教育を研究しています。租税会費説の問題点を財政学の観点から指摘し,「納税」の権利について研究を進めています。

        

 

講義・ゼミの内容
  • 【学部講義】
    「財政学」
    財政学とは,政府の収入および支出(歳入と歳出)を通じた経済活動が国民経済にどのような影響を及ぼすかを,理論的,制度的,歴史的なあらゆる側面から研究する学問です。複雑怪奇な財政制度とそれに基づいて生じる様々な財政現象を,財政学という学問を通じて少しでも分かることが出来るようにします。

        

 

【大学院講義】
「リカレント経済分析」
リカレント経済分析では,政府が行う政策の立案とその効果を経済学や財政学の手法を用いながら評価することを目的としています。講義やディスカッションを通じて経済学の手法を用いて政策評価が論理的に思考・分析できるように指導し,リカレント演習における修士論文執筆につなげるようにしています。

 

【学部ゼミ】
3年生はテキストの講読を進めながら,並行して共同で研究テーマを設定し,三商大ゼミナールに備えることにしています。4年生は卒業論文の作成を計画的に進めます。3,4年生合同でゼミナールを開くこともあります。

        

 

【大学院ゼミ】
M2の学生は修士論文作成に向けて準備を進め,年内には論文が完成することを目標とします。M1の学生ははやめに修士論文のテーマを確定し,年明けから修論報告をしてもらうことを目標とします。博士後期課程の学生は博士論文執筆のための準備を入念に行います。

                

メッセージ

学部ゼミに興味のある方は http://pf.econ.kobe-u.ac.jp/pfblog/log/eid692.html
リカレント演習に興味のある方は http://pf.econ.kobe-u.ac.jp/recurrent.html

をご訪問ください。

 

主要業績
  1. 1. 玉岡雅之(2006),『課税主義の財政学』,勁草書房.

  2. 2. Masayuki Tamaoka (1994),The Regressivity of a Value Added Tax: Tax Credit Method and Subtraction Method - A Japanese Case, Fiscal Studies, vol. 15, no. 2, pp.57-73.

  3. 3. 藤川清史・稲田義久・玉岡雅之(1992),「所得階層別租税負担の計量分析−1989年度税制改革の場合−」,小川一夫・斎藤光雄・二宮正司編『多部門経済モデルの実証研究』所収,創文社.

神戸大学研究者紹介システム

全学データベースへのリンク

PAGE TOP ↑