教員紹介

加藤 政仁

HOME > 教員紹介 > 講座別一覧 > 金融・公共政策 > 加藤 政仁

加藤 政仁 KATO Masahito 講師

加藤 政仁

E-mail

Office hours

予めメールにてアポイントメントを取ってください。

URL

https://sites.google.com/site/katomasahito100/

研究テーマ

私の研究テーマは、証券アナリストの情報生産機能が証券市場における株価形成に及ぼす影響についてです。現在は、証券アナリストの中立性を考慮して、上述の研究テーマを実証的な側面から検証しております。

講義・ゼミの内容

【学部講義】
「企業金融論」
企業金融論という学問は、一言でいえば企業の「おカネ」の部分に焦点をあてた学問であります。講義では、①「おカネ」を何に使うことが企業にとって良いのか、②「おカネ」を誰から調達することが企業にとって良いのか、③「おカネ」を提供してくれた人をどのような方法で報いることが企業にとって良いのかを、企業経営者の立場になって考えていきます。

 

【大学院講義】
「企業金融論」
企業金融のすべての理論は、いつの時代も、どの企業にも通用する普遍的な理論ではありません。その理由はいまだ多くの謎に包まれており、我々研究者に神が与えた大きな課題といえます。この講義は、企業金融論(ファイナンス論も含む)の研究者を志す学生を主たる対象として、伝統的な企業金融の理論や最新の企業金融の理論を取り上げ、企業金融の研究者としての基礎力を養うことを目的とした授業を行っていきます。

 

【学部ゼミ】
開講していない

 

【大学院ゼミ】
開講していない


主要業績
  1. 1. 加藤・鈴木(2013),『増資インサイダー問題と資金調達コスト』,証券アナリストジャーナル 第51巻 第1号 88-99頁.

  2. 2. 加藤・砂川・鈴木(2013),『証券アナリストの利益相反規制の効果』,国民経済雑誌 第207巻 第5号 21-31頁.

  3. 3. 加藤・鈴木(2013),『日本の公募増資時のディスカウント率の決定要因について - 公募増資制度の変更とその影響-』,経営財務研究 第33巻 第1・2合併号 38-55頁.

神戸大学研究者紹介システム

全学データベースへのリンク

PAGE TOP ↑