教員紹介

岩壷 健太郎

HOME > 教員紹介 > 講座別一覧 > 金融・公共政策 > 岩壷 健太郎

岩壷 健太郎 IWATSUBO Kentaro 教授

E-mail

Office hours

予めメールにてアポイントメントを取ってください。

researchmap

https://researchmap.jp/read0133468

研究テーマ

ファイナンスおよび国際金融の実証研究を行っています。
現在の主な研究テーマは
1.為替・証券・コモディティのマイクロストラクチャー
2.FX証拠金取引, 暗号通貨市場における投資家行動の行動ファイナンス的分析
3.深層学習を用いた資産価格の予測と証券価格理論の検証
4.国債・社債の期間構造モデルと金融政策
5.株式の売買取引制度と流動性・効率性
です。

講義・ゼミの内容

【担当経験のある科目】
(学部講義)
基礎的なファイナンス(証券投資論・企業金融論)の講義を行います。金利の考え方、株式や債券の決まり方、デリバティブの使い方、企業の資金調達の仕方などを勉強します。
1.証券市場とは
2.ポートフォリオ理論、分散投資のメリット
3.CAPM
4.効率的市場仮説とアノマリー
5.行動ファイナンス
6.確定利付証券、金利の期間構造
7.金融派生商品(先物、スワップ、オプション)
8.コーポレートファイナンス

(大学院講義)
上級レベルのファイナンス(証券投資論・証券市場論)の講義を行います。株式、債券、マーケットマイクロストラクチャーに焦点を当てた講義です。

Ⅰ部 株式
1.アロー= ドブリュー価格理論
2.マーチンゲール測度
3.リスク中立確率
4.Consumption CAPM

Ⅱ部 債券
5.利回りの 概念、スポットレート、フォワードレート
6.純粋期待仮説
7.期間構造モデル

Ⅲ部 マーケットマイクロストラクチャー
8.流動性と資産価格
9.価格発見
10.マイクロストラクチャーの実証モデル

シラバスはこちら

【学部ゼミ】
ファイナンス・金融のゼミです。日本および世界の金融に関する様々なテーマで「調べる、考える、論文を書く、発表する」ことを行います。これによりパワーポイントを使ったプレゼン力、ディスカッション力、データ分析力などの能力を身に着けます。グループに分かれて共同研究を行い、日経STOCKリーグに参加しています。

【大学院ゼミ】
ファイナンス関連のテーマを勉強したい修士課程、博士課程の大学院生が集まって一緒に研究を行っています。今年はPythonを使って、機械学習(深層学習・強化学習など)を勉強しています。

(修士論文のテーマ)
"Price Discovery in Gold Futures Markets"
「JASDAQにおける中小企業株式流動性に関する研究」
"Measuring Liquidity in Emerging Markets"
「株式・債券の相関関係と外国人投資家の投資行動」
「金融政策決定会合と株価」
「先進国長期金利の変動要因のパネル分析」
「財政赤字比率の変動と金融危機のパネル分析」

主要業績
    • 1. “Who Influences the Fundamental Value of Commodity Futures in Japan” , International Review of Financial Analysis, 67, Article 101404, 2020 (with C. Watkins).
    • 2. "Quantitative Easing and Liquidity in the Japanese Government Bond Market" International Review of Finance, 18, 3, 2018, pp.463-475. (with T. Taishi)
    • 3. "Intraday Seasonality in Efficiency, Liquidity, Volatility and Volume: Platinum and Gold Futures in Tokyo and New York" Journal of Commodity Markets,  11, 2018, pp.59-71. (with C. Watkins, T. Xu)
    • 4. 『コモディティ市場のマイクロストラクチャー』中央経済社,2016年(茶野努・山岡博士・吉田靖と共著)
    • 5. "Order Flows, Fundamentals and Exchange Rates" International Journal of Finance and Economics, 19, 2014, pp.251-266. (with I. W.Marsh)
    • 6. "The Information Improving Channel of Exchange Rate Intervention: How Do Official Announcements Work?", Journal of Financial Studies, 22, 2, 2014, pp.27-64. (with S. Kawanishi)
    • 7. "International Transmission of Business Cycles: Evidence from Dynamic Correlations" Economics Letters, 114, 2012, pp.252-255. (with J. Fidrmuc, T. Ikeda)
    • 8. 『グローバル・インバランスの経済分析』有斐閣,2010年(藤田誠一と共編)
神戸大学研究者紹介システム

全学データベースへのリンク

PAGE TOP ↑