教員紹介

ヴィエシボフスカ アガタ

HOME > 教員紹介 > 講座別一覧 > 比較経済政策 > ヴィエシボフスカ アガタ

ヴィエシボフスカ アガタ WIERZBOWSKA Agata        講師

ヴィエシボフスカ アガタ

E-mail

 

Office hours

予めメールにてアポイントメントを取ってください。

TEL/FAX

TEL: 078-803-6866 

研究テーマ

私の研究では、金融政策や銀行システムに関する実証分析を行っています。ヨーロッパを中心として、金融政策の効果、ユーロ圏諸国の効果の相違とその要因、波及効果における銀行システムの役割、金融政策の海外への波及効果を分析しています。ユーロ圏の金融統合も視野に入れています。また、銀行システムの情勢、銀行収益とその決定要因に関する研究を行っています。その他の研究分野は国際金融、諸国のマクロ経済の実証分析になっています。

講義・ゼミの内容

【学部講義】
Global Economy(英語講義)
本授業では、英語で国際経済分野における様々な課題について学びます。授業中は貿易、国際資本移動、人の移動、金融と為替市場についての理論を紹介する同時に、現代の世界経済における実際例の話しをします。様々な変化や課題の紹介に通じて、世界経済における課題への興味と理解、複眼的な思考を上昇させたいと思っています。
また、授業の重要な目的として、受講生の英語能力を上昇することが挙げられます。講義を参加することで、英語聴解能力を上げて、経済について新たな専門用語を学びます。また、英語の文章も読んでもらい、授業中ディスカションも行うため、読解と会話も含まれています。

ヨーロッパ経済論(日本語講義)
本授業では、ヨーロッパにおける経済統合プロセスとEU経済に関する講義を行います。1950年代に始まったEU統合は、関税同盟、共通市場、通貨統合という、より深い段階を達成しながら、加盟国の増加でより多く国に広げてきました。こうした「深化」と「拡大」のため、EUはヨーロッパだけではなく、世界経済・政治においても重要性を高めてきました。授業の目標は、ヨーロッパ統合のあゆみと働きを知り、経済面から分析し、現代の問題を理解できることとなります。

 

【大学院講義】
開講していない

 

【学部ゼミ】
開講していない

 

【大学院ゼミ】
開講していない

 

主要業績
  • A. Wierzbowska, and M. Shibamoto (2018), “Cross-Country Evidence on Determinants of Fiscal Policy Effectiveness: The Role of Trade and Capital Flows”, Applied Economics, Vol. 50, Issue 32, pp. 3493-3514.
    A. Wierzbowska (2018), “Banking sector, financial integration, and monetary policy in the euro area in the context of the financial and sovereign debt crisis”, 国民経済雑誌第217巻第1号, pp. 73-88.
    A. Wierzbowska (2015), “Financial markets in CEE countries and their role in transmission of euro area monetary policy shocks”, European Journal of Business and Economics, Vol. 10, Issue 2, pp. 76-85.
    A. Wierzbowska (2015), “Transmission of euro area shocks to Central and Eastern European countries. Implications for monetary autonomy problem and business cycles synchronization”, Japanese Journal of Monetary and Financial Economics, Vol. 3 No. 1, February, pp. 1-29

     

神戸大学研究者紹介システム

全学データベースへのリンク

PAGE TOP ↑