IFEEK(アイフィーク)

HOME > IFEEK(アイフィーク)

■ IFEEK とは

IFEEKとは,「5年一貫経済学国際教育プログラム(International Five-year Economics Education Program at Kobe)」の略称です。IFEEKは2013年度に運用を開始し,2016年度には4期生のプログラム履修が始まりした。

IFEEKは,神戸大学と海外協定大学での学びを組み合わせて英語で経済学を使いこなす力を身につけるための特別教育プログラムです。このプログラムでは専門性としての経済学の知識,そして専門性を活かすための国際性を重視し,日本語と英語の両方を用いた教育を行います。

プログラムは学部2年生からスタートします。まず神戸大学で経済学の知識および海外での単位取得に必要な英語力を身につけた上で,海外の協定大学に留学します。さらに学部卒業後に大学院(前期課程)に進学することで,国際機関など世界を舞台に働くのに必要な力をつけることが可能になります。このプログラムでは学部および大学院博士課程前期課程を最短5年間で修了することもできます。また,大学院に進学しない場合にも,IFEEKでの体系的な学習を重ねることにより専門知識と英語のスキルを効率よく修得することができます。


■ IFEEKの概要

◇ 応募条件

プログラム新規登録生の募集は学部1年生の後期に行います。経済学,英語及び留学に対する熱意を持つ学生であれば,英語力が低くても応募することが可能です。新規登録生は成績および志望動機を中心に,面接によって20名程度を選考します。

◇ 授業の履修

IFEEKの科目は必修科目である特別演習と英語による専門科目,語学力強化科目で構成されます。英語による専門科目には,指定する英語講義のほか,英語での経済学および関連社会科学の講義,海外協定校教員による集中講義が含まれます。語学力強化科目では英語で専門科目を学ぶために必要なリーディング,ヒアリング,ライティングの力をつける授業が設けられています。

◇ 海外留学

海外協定校への留学時期・期間はフレキシブルに設定できます。標準的なケースでは,学部3年生後期から半年間(1学期)または1年間の海外留学を行います。留学先はヨーロッパやアメリカの協定校が中心ですが,アジアへの留学も可能です。留学先としては経済学部の部局間協定校のほか,全学協定校にも出願できます。

◇ 学部修了要件

学部卒業時に以下の修了要件を満たしている場合は,プログラム修了と認定され,認定証が発行されます。

・必修科目の特別演習IFEEKⅠA~Ⅲ Bに合格 ※クオーターごとに計6科目開講
・指定する英語講義のうち2科目に合格
・留学先(海外協定校)で修得した単位が教授会で4単位以上(上限30単位)認定されていること
・研究指導(ゼミ)に所属し,卒業論文を作成すること

◇ 国際交流事業・イベントへの参加

IFEEK生は経済学部が実施する国際交流事業やイベントに優先的に参加することができます。これまでに以下の活動を通じ,IFEEK生は海外の学生との交流や情報収集・発信の機会を得ています。

・海外大学(米クレムソン大学,中国学生訪問団,インドネシア大学,韓国延世大学校など)からの訪問学生団との交流事業
・国際機関(アメリカ開発銀行,国連ラテンアメリカ開発局など)の事業内容説明会,神戸大OBによる懇話会
・海外派遣や海外でのワークショップ,国際機関訪問,インターンシップ


■ 履修できる授業

◇ プログラム必修科目

◇ 英語による専門科目の例

◇ 語学力強化科目の例

■ 進路

プログラムの学部修了要件を満たし,成績の優秀(秀又は優が1/2以上)な学生は,学部を3年半で早期卒業し,推薦入試により大学院前期課程に秋入学することができます。大学院の成績が優秀な学生は,大学院を1年半で早期修了することが可能です。これにより,最短で5年で修士号を取得することが可能です。

学部プログラムを4年で修了した場合でも,選抜試験を経て大学院に進学することができます。また,学部プログラムを4年で修了し,一般の企業に就職することも可能です。

◇ 大学院プログラム

学部を早期卒業して大学院に進学した場合,大学院の授業は年度の後期(秋学期)から始まります。大学院では英語による専門科目を中心に履修し,2年次に修士論文を完成させます。IFEEKでは卒業論文から留学を経て修士論文まで一貫した指導を受けること,留学先で得た知見を活かした研究を行うことが可能です。

プログラムの大学院修了要件は以下の通りです。

・大学院において英語講義を10単位以上修得していること
・大学院において Comparative Economic Seminar(必修科目)を履修し,合格していること


■ モデルケース

学部3年半,大学院1年半 で修了するケース

…学部で半年間海外留学し,早期卒業した後,大学院に進学し1年半で修了した場合,5年間で修士号を取得することが可能です。


学部4年,大学院2年 で修了するケース

…学部で1年間海外留学し,大学院に進学した場合です。大学院は通常の修業年数の2年で終えることも可能です。

 

学部4年のみ で修了するケース

…4年間で学部を卒業して就職する場合も,学部修了要件を満たしていればプログラム修了が認定されます。

PAGE TOP ↑