入試情報

一般選抜及び外国人特別選抜の統合について

一般選抜及び外国人特別選抜の統合について

 神戸大学経済学研究科では、平成28年度入試まで博士課程前期課程の選抜入試として「一般選抜」及び「外国人特別選抜」を実施しておりましたが、平成29年度入試(2016年8月及び2017年2月に実施)からはそれら2つの入試を統合いたします。

統合後の入試の概要は以下の通りです。

    ・これまで同様、年に2回(8月及び2月)実施します。
  • ・日本人、留学生に関わらず出願資格を満たす場合はどなたでも出願していただく事が可能です。
  • ・当日の筆記試験、口述試験の成績及び出願時に提出する外国語の試験の成績を総合的に評価し、合否  の判断を行います(なお、当日の筆記試験は日本語と英語の問題を選択する事が可能です)。
  • ・全体の入学定員数はこれまでと同様なので、外国人特別選抜が統合された事で留学生の方にとって不  利になる事はありません。

出願時に提出していただく外国語試験のスコアシートは、母語及び希望するコースにより以下の通り分類されます。

  日本語のスコアシート(※1) 英語のスコアシート(※2)
母語を日本語とする受験生       不要       必須
母語を英語と
する受験生
GMAPコースを専願する場合       不要       不要
GMAPコースを専願しない場合       必須       任意
母語を日本語
及び英語以外
の言語とする
受験生
GMAPコースを専願する場合       不要       必須
GMAPコースを専願しない場合       必須       任意

 

(※1)
・独立行政法人日本学生支援機構が主催する日本留学試験の日本語科目の成績通知書又は財団法人日本 国際教育支援協会が主催する日本語能力試験(N1)の合否結果通知書のいずれかの原本を提出して ください(両方のスコアシートを提出しても構いません)
・スコアの有効期限は出願時において2年以内のものに限られます

  • (※2)
    ・TOEFL(PBT, CBT, iBT)のExaminee Score Report, TOEICのOfficial Score Certificate,  IELTS[Academic Module]のTest Report Formのいずれかの原本を提出してください
    (複数のスコアシートを提出しても構いません)
    ・団体特別受験制度によるもの(TOEFL-ITP又はTOEIC-IP)は認めません
    ・IELTS [General Training Module] は認めません
    ・スコアの有効期限は出願時において2年以内のものに限られます

<出願資格について>
 従来外国人特別選抜では出願資格として「外国において、学校教育における16年の課程を修了した」事ないしは「外国において、学校教育における12年の課程を修了し日本の大学を卒業した」事が必要でしたが、平成29年度以降の入試ではそれらの要件が不要となる代わりに以下の要件が必要となります。

    ・大学を卒業した者及び入学時までに卒業見込みの者

 ただし海外の大学を卒業している際に学位を取得していない場合、あるいは4年制以外の大学を卒業している場合は出願前に本研究科が実施する個別の入学資格審査を受けていただく必要があります。
その他詳細な情報については6月上旬頃にホームページ上に掲載される募集要項をご確認ください。


PAGE TOP ↑