研究活動

六甲フォーラム

HOME > 研究活動 > セミナー > 六甲フォーラム > 過去の六甲フォーラム一覧 > 2004年度報告

2004年度報告

日時 報告者 論題 場所
2005年3月30日 藤本 真智子 
(東京大学大学院 修士2年)
"Unemployment and the Wage Profile"
2005年3月30日 藤中 裕二 
(神戸大学大学院 博士1年)
"On the Marginality Principle in Partition Function Form Games"
2005年3月18日 村松 幹二 
(法務省法務総合研究所研究官)
「カルテルに対するレニエンシー(自己申告に基づく措置減免制度)」
2005年3月15日 梶井 厚志
(京都大学経済研究所教授)
"Cominimum Additive Operators"
2005年3月14日 伴 ひかり
(神戸学院大学経済学部国際経済学科助教授)
「GTAPモデルの基本構造と応用例:貿易自由化と賃金格差」
2005年3月9日 堂谷 昌孝
(富山大学経済学部教授)
大坂 洋
(富山大学経済学部助教授)
"A Simple Growth Cycle Model "
2005年3月7日 篠塚 友一 
(小樽商科大学経済学科教授)
"Equity and Efficiency in Overlapping Generations Economies(joint with Koichi Suga, Kotaro Suzumura and Koichi Tadenuma)"
2005年3月4日 安元 稔 
(駒沢大学経済学部)
「人口移動と労働市場-ヴィクトリア朝の工業都市ミドルズバラ」
>2005年3月2日 村瀬 哲司  
(京都大学留学生センター教授)
「東アジアにおける地域金融協力の現状と展望-存在感を高めるASEAN+日中韓-」
2005年3月1日 小川 英治  
(一橋大学大学院商学研究科教授)
"Linkages of New EU Country Currencies to the Euro"
2005年2月21日 中里 透
(上智大学経済学部助教授)
「財政赤字はなぜ拡大したのか:政治的環境と90年代の財政運営」
2005年2月18日 河合 正弘 
(東京大学社会科学研究所 
教授)
"Is East Asia an Optimum Currency Area?" (With Taizo Motonishi)
2005年2月10日 江口 匡太  
(筑波大学社会工学系)
"Productivity loss and remedies for unjust dismissal"
2005年2月4日 I.牧 大樹
(同志社大学経済学研究科)
II.永井 圭二 
(横浜効率大学経済学部国際社会科学研究科)
III.佐々木 宏夫
(早稲田大学商学部教授)
I.「非線形調整を考慮した単位根検定:シミュレーションによる比較と経済データへの応用」
II."Unit Root Test and Sequential Estimation of Autoregressive Parameter with Conditionally Heteroskedastic Errors"
III."Strategy proofness and ∧-Efficiency"
2005年1月28日 橋本 優子 
(東洋大学経済学部助教授)
"Microstructure of the Yen/Dollar Foreign Exchange Market"
2005年1月22日 白井 早由里
(慶應義塾大学総合政策学部助教授)
「人民元と中国経済」
2005年1月18日 Kazuya Hyogo
(Rochester University)
"A Subjective Model of Experimentation"
2004年12月21日 清水 崇
(関西大学経済学部専任講師)
"On the Structure of Stationary Equilibria in Search-Theoretic Models of Money"
2004年12月14日 大和 玲子
(神戸大学大学院経済学研究科博士前期課程)
"Youth Unemployment and Intra-Household Transfer"
2004年11月16日 I.鶴 光太郎
(独立行政法人経済産業研究所上席研究員)
II.畔津 憲司
(神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程)
「預金保険機構と金融システム:預金者による銀行への規律付けに関する分析を中心に」
2004年11月9日 I.是永 隆文
(西南学院大学経済学部助教授)
II.安岡 匡也
(神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程)
「紡績業の衰退と工場閉鎖-1966-84年の工場閉鎖に関するロジット分析-」
2004年11月2日 阿部 太郎
(神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程)
「中進国における貿易自由化とジェンダー」
2004年10月26日 山本 真一
(神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程)
「公共財の自発的供給モデルの協力的かつ非協力的基礎」
2004年9月17日 I.溝渕 健一
(神戸大学大学院経済学研究科博士前期課程)
II.沼田 大輔
(神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程)
III.長谷川 良二
(神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程)
IV.竹内 憲司
(神戸大学大学院経済学研究科助教授)
I.「アメリカSO2排出権市場の実証分析
-PUC規制の時間的効果-」
II.「カナダにおける飲料容器デポジット制度について」
III.「日本47都道府県のエネルギーフロー推計
-地域環境負荷分析のためのデータベース構築の試み-」
IV.「一般廃棄物処理事業の費用的効率性」
2004年9月13日 橋本 賢一
(大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程)
"Effective Demand, 'Hollowing-Out' and International Interdependence"
2004年8月9日 工藤 健 
(一橋大学大学院経済学研究科博士課程)
「財政政策と通貨危機 カレンシーボード制は通貨危機を防止しうるか?」
2004年7月9日 I.Norio TAKEOKA
(University of Rochester, 大学院生)
II.国本隆
(Brown大学経済学部大学院,大学院生)
I. "Subjective Probability over a Subjective Decision Tree"
II. "Robust Implementation under Approximate Common Knowledge"
2004年5月26日 Maximillian J.B. Hall
(Prof. of Banking and Financial Regulation, Department of Economics, Loughborough University)
"The Evolution of Banking Capital Regulation Under the Basle Capital Accord"

PAGE TOP ↑