研究活動

ワーキングペーパー

HOME > 研究活動 > 大学院生の研究活動 > ワーキングペーパー

六甲台論集とは別に、ワーキング・ペーパーの制度も整えられており、大学院生は論文として公刊する前の段階で広くコメントをもらったり、学会報告などで配布する目的で、ワーキング・ペーパーを作成することができます。

※本人の申請があったもののみ掲載しています。

2016年度発行
No. 氏名 タイトル 要旨 本文
319 若松 直幸 リカードウ『原理』第 29 章における公債制度論
318 Koji Yasuda Empirical analysis of the effect of health status on life cycle asset    
317 小野寺 香月 明治20年代三菱の社内文書送受の検証-三菱経営管理組織研究に向けて-
2015年度発行
No. 氏名 タイトル 要旨 本文
316 Teng Ma
Kenji Takeuchi
Controlling SO2 emissions in China: A panel data analysis of the 11th Five-Year Plan
315 Chhy Niroth The Introduction of Satiation into Utility Maximization Problem    
314 Kazuki Kumashiro Optimal Funded Pension for Consumers with Heterogeneous Self-Control
2014年度発行
No. 氏名 タイトル 要旨 本文
313  齊藤 健人 戦間期における福井県織物業の動向とその構造変化
-『福井縣統計書』の分析-
 
312  Cao Thi Khanh Nguyet ベトナム中小企業と資金調達-現状と課題-  
311  Cao Thi Khanh Nguyet Why do Vietnamese small and medium enterprises need to access informal credit? Evidence from 2011 SMEs survey  
310  小野寺 香月 小野浜造船所における職工養成と清国人職工の役割  
309  蓮井 康平 The liquidity effect and tightening effect of the zero lower bound  
2013年度発行
No. 氏名 タイトル 要旨 本文
308  二木 美苗 「全国消費実態調査」匿名データの整理概要
-kuma_do 及び変数対応表の活用方法を中心に-」
 
306  Kohei Hasui The non-negative constraint on the nominal interest rate and the effects of monetary policy
305 Minoru Watanabe Minimum Wage, Public Investment, Economic Growth    
304 Kohei Hasui The Effects of Monetary Policy at the Zero Lower Bound in a Medium Scale DSGE Model    
2012年度発行
No. 氏名 タイトル 要旨 本文
303 Yoshimichi Murakami Inter-Industrial Linkage Effects of Non-Traditional Natural Resource-Based Export Sectors in Chile  
302 Yoshimichi Murakami Wage Inequality and Return to Education in Chile, 1974–2007  
301 Shingo Umino Re-Evaluation of Japan’s Monetary Policy in the late 1980s with the Interest Rate Gap  
300 Shingo Umino Real-Time Estimate of the Equilibrium Real Interest Rate: Evidence from Japan  
299 Shingo Umino New Keynesian Dynamic IS Curve and Weak Identification Robust Test in GMM Estimation  
298 國光 類 住宅のバリアフリー化による介護軽減効果―震災による自然実験を活用した実証分析―  
297 Hiroshi Goto When is the city sustainable?: A unfi ed model of von Thunen and Melitz

PAGE TOP ↑